パートナーの浮気を理由に離婚したいと思った時、慰謝料の相場が気になるところですよね。

実は、慰謝料の明確な相場は決まっておらず、状況によって金額が変わってくるんです。

また、浮気相手にも慰謝料を請求できるか疑問に思う方も多いと思います。

そこで今回は、浮気で離婚した場合の慰謝料についてまとめました。

<--スポンサード リンク-->

浮気相手にも慰謝料はもらえる?

慰謝料というのは被害者(あなた)が受けた精神的な苦痛に対して支払われるものなので、パートナーからだけでなく浮気相手にも請求することができます。

また、慰謝料はパートナーと浮気相手の両方に責任があることから、慰謝料の支払いはパートナーと浮気相手が半々で払うケースもあります。

つまり、200万円の慰謝料を受け取れる場合には、パートナーと浮気相手から100万円ずつ慰謝料が支払われるということですね。

浮気の慰謝料相場

ケンカ中の夫婦01

浮気の慰謝料相場に関してですが、離婚しない場合も含めると50~300万円と、かなり幅広くなっています。

ハッキリと相場が決まっていないのは冒頭でも説明した通り、パートナーの浮気の状況によって金額が変わってくるためです。

一般的には浮気による損害が大きいほど慰謝料が高くなる傾向があり、子供がいるかどうかといったことや子供の年齢、パートナーの収入によっても金額が変わってきます。

 

例えば浮気による損害を「浮気されたが別居も離婚もしない」、「浮気をキッカケに別居」、「浮気をキッカケに離婚」の3つに分けると、当然最後の「浮気をキッカケに離婚」が最も大きな損害ということになります。

あくまで相場の目安に過ぎませんが、別居も離婚もしない場合の慰謝料は100万円以下別居に発展した場合の慰謝料は200万円以下離婚まで発展した場合の慰謝料は300万円以下と捉えておくといいでしょう。

 

次に、慰謝料が増減する要素を順番に紹介しますね。

慰謝料が増額する要素

  • パートナーと浮気相手の年齢差が大きい
  • 婚姻期間が長い
  • 浮気前には家庭が円満だった
  • 浮気以外にもDVなどの被害あり
  • 浮気によってうつ病などの精神的損害が出た
  • 浮気相手がパートナーを既婚者と知っていた
  • 長期間に渡って浮気をしていた
  • パートナーが浮気に対して積極的だった(※1)
  • 浮気相手が浮気に対して積極的だった(※2)
  • 浮気が明らかなのにパートナーが否認し続けている
  • 浮気が初めてではない
  • パートナーと浮気相手の間に子供ができた
  • パートナーと自分の間に子供がいる
  • パートナーや浮気相手の収入や財産が多い

※1.パートナーに対しての慰謝料が増額する要素になります

※2.浮気相手に対しての慰謝料が増額する要素になります

POINT

慰謝料が増額する要素を見ると、やはり浮気が原因で夫婦関係に損害が出ているかどうかが重要です。

婚姻期間が長ければ長いほど浮気された被害者のショックは大きいものですし、離婚に繋がった場合はその後の生活のことが考慮されて、慰謝料が増額する可能性が高くなります。

 

また、長期間に渡っての浮気、浮気が初めてではない、パートナーと浮気相手の間に子供ができたといった要素も、精神的な苦痛を味わったという意味で慰謝料が増額される可能性あり。

そのほか、パートナーや浮気相手の収入や財産が多い場合も、慰謝料が増額する見込みがあります。

慰謝料が減額する要素

  • 浮気前から夫婦関係が破綻していた
  • パートナーの浮気の原因が自分にある
  • 浮気相手が心から反省している
  • 浮気相手が浮気が原因で社会的制裁を受けている

POINT

慰謝料が増額する要素に関しては、浮気の原因がパートナーや浮気相手にありました。

それに対して慰謝料が減額する要素は、浮気の原因がパートナーではなかったり、浮気相手に反省の色が見られたり退職などの社会的制裁を受けている場合。

参考までに過去の判例を持ち出すと、既に社会的制裁を受けていた場合、慰謝料が50万円程度になったケースがあるようです。

離婚後にも請求できる?

離婚後にパートナーの浮気を知ったとしても、3年以内なら慰謝料を請求することができます。

3年というのは慰謝料請求の時効のことで、損害(浮気)を知ってからの経過年数を指しています。

ただし、時効前でも金銭請求をしないといった取り決めをしている場合には、慰謝料を支払ってもらうことが難しいです。

浮気の証拠は絶対に必要?

考える女性05

浮気の証拠が必要になってくるのは裁判になってからで、パートナーや浮気相手と話し合いで解決するのであれば、絶対に証拠が必要というワケではありません。

しかし、確固たる証拠がなければパートナーや浮気相手に慰謝料を請求しても、「証拠がないから応じられない」とあしらわれてしまうこ可能性が高いです。

 

例えば、「浮気をされて精神的な苦痛を受けた」という話だけで裁判を起こしても説得力がなく、裁判費用だけが掛かって慰謝料をもらえなかったという事態が考えられますよね。

その逆に、浮気の証拠がしっかりと揃っていれば、裁判を起こさなくても相手が観念して慰謝料を支払ってくれる可能性もあります。

浮気の基準と証拠

具体的にどんなものが浮気の証拠になるのか、どこからが浮気として認められるのかを知っている方は以外と少ないのではないでしょうか?

異性と食事をしただけで浮気とか、手をつないだりしただけで浮気だという話をよく聞きますが、これだけでは浮気として認められません。

浮気として認められる行為をシンプルに線引きすると、ズバリ不貞行為(性行為)をしたかどうかです。

 

とは言え、パートナーと浮気相手が不貞行為をしている生々しい現場を押さえなければいけないというワケではなく、2人でホテルから入ったり出てきた時の写真浮気相手とのメールが証拠として有効になります。

また、精神的苦痛に関しては、病院の診断書(うつ病など)が証拠として有効です。