案内する美人ナース1

ギャンブル依存症は自力での回復が難しく、重度の場合は専門の医療機関で治療を受ける必要があります。

しかし、根本的な問題として、ギャンブル依存症当事者が病気という自覚がなく、治療が先延ばしになってしまうといった現状があるんです。

ここではギャンブル依存症の治療方法や、当事者に依存症だということを自覚させるために重要な家族の対応を紹介します。

<--スポンサード リンク-->

ギャンブル依存症の治療方法

病気と聞くと薬物治療を連想する方もいるかもしれませんが、アルコール依存症や薬物依存症の治療薬に関しては開発途上にありますが、ギャンブル依存症に関しては今のところ薬物治療が確立していないのが現状です。

仮に薬を使ってギャンブルをしたいという欲求を抑えられたとしても、ギャンブルをするために嘘をついて周りの人に迷惑を掛けたり、仕事に支障をきたしてしまったいう罪悪感などの心理問題は解決しません。

ギャンブル依存症の治療には、集団療法や認知行動療法(精神療法)が用いられます。

症状が重度の場合は、医療機関での入院治療や回復施設での入所治療が必要です。

入院・入所治療

医者 診察2

入院(入所)治療では、ギャンブルから離れてルールに則った規則正しい生活をすることで、それまでギャンブル中心だった生活や考え方を改めていきます。

1日のスケジュールとしては、早朝運動から始まり病棟生活ミーティング、学習会や治療的ミーティングへの参加、スポーツや地域ボランティア活動といったような感じです。

退院(退所)後も依存症が再発してしまわないよう、ギャンブル依存症治療の専門外来に定期的に通院することになります。

また、通院と並行して自助グループのミーティングにも参加すべきです。

自助グループのミーティング

ギャンブル依存症当事者の自助グループであるGAでは、定期的に近況報告や自分の精神状態について話し合うミーティングが行われています。

GAのミーティングに参加して自分以外のギャンブル依存症患者の体験を聞くことにより、自分が病気なんだということを自覚して周りの言葉を聞く耳を持ち、自分の現状と向き合うことができるようになるんです。

 

そして、いかにギャンブルをするために周りの人に迷惑を掛けてしまったか、ギャンブルで失ったお金があれば旅行に行ったり家族サービスができたといったように、自己中心的な行動を反省してギャンブルのない幸せな人生をイメージすることができます。

ギャンブル依存症を治療する医療機関はまだまだ少ないのが現状ですが、GAのグループは全国に150以上あるので、自分が通える範囲のミーティングには積極的に参加してみてください。

★ギャンブル依存症当事者の自助グループ・GAについて
ギャンブル依存症の自助グループGA(ギャンブラーズアノニマス)とは?

定期的に参加することが重要

ギャンブル依存症の治療のために重要なことは、GAのミーティング(回復のためのプログラム)に定期的に参加すること。

ミーティングに参加した直後は、

 

「自分の力だけで治せる」

「もうミーティングに参加しなくても大丈夫」

 

と、思いがちです。

しかし、ミーティングから遠ざかることで自身の行動を客観的に問題化できなくなるので、しばらく経つとまたギャンブルをしてしまう可能性が高まります。

 

そのため、週1回ほどはミーティングに参加するのがいいでしょう。

同じ問題を抱える仲間や病院との関わりを持ち続けることが、ギャンブル依存症再発防止の鍵です。

【ギャンブル依存症の治療は生涯に渡って続けていかなければいかない】と捉え、長期的な視野を持って完治ではなく回復のための治療に取り組んでいきましょう。

治療にあたっての注意点

ギャンブル依存症を治療するにあたって、2つ注意点を挙げておきます。

徐々にやめようという考えは捨てる

ギャンブル依存症を治療するにあたってありがちなのは、

 

「少しずつギャンブルと距離を置こう」

「徐々にギャンブルのレートを下げていこう」

 

といった考え方。

依存症患者にとってギャンブルは麻薬のようなものなので、そういった考え方は通用しません。

重度のギャンブル依存症に陥ってしまった場合、適切な治療を受けて完全にギャンブルとの縁を切る以外に回復への道はないんです。

また、通院や入院治療を先延ばしにするのも、依存症を進行させる原因になります。

 

「自分はギャンブル依存症かもしれない」

 

そう思った時が治療のチャンスと捉え、ギャンブル依存症専門の医療機関や地域の精神保健福祉センターに相談してみましょう。

★全国の健康保健福祉センター一覧はこちらの記事に記載しています
ギャンブル依存症のカウンセリングを受ける前に知っておきたいこと

実績のあるところで治療を受ける

ギャンブル依存症が軽度の場合は、心理カウンセリングで症状が改善されることもあります。

ただし、心理カウンセラーは特に必要資格がないので、ギャンブル依存症治療に関しての実績がないカウンセラーは避けた方がいいです。

これは医療機関にかかる場合も同じことが言え、ギャンブル依存症の知識がない心療内科や精神科医で診察を受けた場合、

 

「ほかに趣味を見つけましょう」

 

と終わらせてしまうことや、依存症治療とは直接関係のない薬を処方されて終わってしまうことも・・・

ハッキリ言って、ギャンブル依存症専門外の病院に行くのは逆効果です。

先述した通り、まだまだギャンブル依存症の治療を専門とした医療機関が少ないのが現状ですが、依存症治療を専門とした全国の病院をリストアップしたページを参考にしながら、自分が行けそうな医療機関を探してみてくださいね。

★ギャンブル依存症の治療ができる病院一覧はこちら
ギャンブル依存症の治療ができる病院【全国版】

家族の対応について

ギャンブル依存症当事者のためにまず家族が最初にすべき対応は、本人のためを思うなら何もしないことです。

ギャンブルをやめることを強要したり、借金を肩代わりしたりといった行動は、本人にとっては全て意味がありません。

何もしないと言うと、「この人はなんて冷たいことを言うんだろう」と思うかもしれませんが、本人がしたことに対して家族が尻拭いすることを共依存と言い、結局はギャンブル依存症問題を先延ばしするだけに過ぎないんです。

 

借金の尻拭いをすると本人は反省はするものの、ピンチになっても誰かが何とかしてくれると思い、しばらく経てばまた借金をしてギャンブルをしてしまいます。

大切な人が苦しんでいるのに何もしないのは辛いかもしれませんが、ギャンブルが原因で起こった問題に関して一切手助けしないことで、本人に底付き体験をさせるのが重要です。

強要してはいけないワケ

ギャンブルをやめることや、治療を受けさせることを強要してはいけないワケは、底付き体験をしていない段階では依存症当事者が病気だということを自覚していないからです。

ギャンブル依存症は【否認の病】と言われており、「自分はギャンブルをやめようと思えばいつでもやめられる」、「自分がギャンブル依存症のワケがない」といった思いから反発し、返って依存症治療から当事者を遠ざけることになってしまいます。

底付き体験させた後は

寂しそうな男性1

底付き体験をすることでギャンブル依存症当事者は問題を直視し、家族の言葉に耳を傾けるようになります。

このタイミングではじめてギャンブル依存症という言葉を持ち出し、依存症は専門の医療機関での治療や自助グループのミーティング参加すれば回復できることを伝えるんです。

また、本人に治療の提案をする場合には1人だけではなく、できるだけ多くの人にも協力してもらいましょう。

依存症かどうかの判断が付かない場合

もしギャンブル依存症かどうかの判断が付かない場合は、地域の精神保健福祉センターやギャンブル依存症専門の医療機関に家族だけで先に相談してみるのがいいです。

相談してすぐに通院治療や入院治療を迫られるワケではないので、まずは専門家の意見を聞いてから家族が取るべき方法を考えていきましょう。

また、ギャンブル依存症という病気にかかっていることが分かれば、病気だからこそ症状が回復する可能性があるという希望が持て、治療にむけての気持ちの整理も付くと思います。

ギャマノンに参加する

ギャンブル依存症当事者が集まるグループであるGAのように、ギャンブル依存症当事者の家族が集まるギャマノンというグループが全国に130以上あります。

ギャマノンのミーティングに参加すると、同じような問題を抱えている家族や、ギャンブルの問題から立ち直った家族を見ることができるんです。

 

そういった家族と関わることで、借金を肩代わりしないといけないといった考えは実は間違いで、ギャンブルの問題は本人に返した方がいいということがよく分かります。

また、すでにギャンブルの問題から立ち直った家族の当事者に対しての対応は非常に参考になるので、ぜひ最寄りのギャマノンのミーティングに参加してみるといいでしょう。

★ギャンブル依存症問題に悩む家族の自助グループ・ギャマノンについて
ギャンブル依存症の自助グループ・ギャマノンとは?

★家族の対応の仕方についてまとめた記事はこちら
ギャンブル依存症の家族への対応(対処法)や相談場所・家族会