悩む男性1

パチンコ依存症に陥ってしまう4つの原因を知っていますか?

世界有数のギャンブル大国と言われている日本の背景には、パチンコ・スロットが大きく関わっています。

日本のギャンブル依存者のうち9割はパチンコ依存症と言われていますが、依存症になってしまうほどパチンコにハマってしまう原因を1つ1つみていきましょう。

<--スポンサード リンク-->

原因1.どこに行ってもパチンコを打てる

ギャンブル依存症の中でもパチンコ依存症の割合が突出して高い原因は、日本全国どこに行ってもパチンコホールが点在しているから。

駅前や繁華街に行けば必ずパチンコホールがありますし、車で移動するにしてもアクセスしやすい場所に建っています。

また、競馬や競輪などとは違って、パチンコホールは基本的に毎日開いているのでいつでも遊べます。

 

地域にもよりますが、午前9時や10時から午後の11時近くまで開いていますし、空調が快適でタバコも吸い放題という環境の良さから、ちょっとした時間つぶしや息抜き感覚で入れる娯楽施設です。

さらに、一昔前には女性が入りにくい雰囲気のあったパチンコホールですが、最近はカップルや女性向けのサービスを開始したりと、誰でも気軽に入りやすい雰囲気に変わりましたよね。

原因2.仕事やプライベートのストレス

悩む男性2

パチンコ依存症に陥ってしまう2つ目の原因として挙げられるのは、仕事やプライベートのストレス。

ストレス発散のためにパチンコにハマり、自分でも知らないうちにパチンコ依存症になってしまっていた・・・というのは非常によくあるケースです。

もちろん、趣味の範囲で打てている分には問題ないのですが、決めておいた予算を超えてもパチンコを打ってしまったという場合は、既にパチンコ依存症の初期症状が現れていると思っておいていいでしょう。

ストレス発散のためにパチンコをするのであれば、絶対に決めておいた予算を超えないことを徹底してください。

原因3.ギャンブル性を孕んでいる

レトロなパチンコ台1

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、パチンコがギャンブル性を孕んでいることが依存症に陥ってしまう原因です。

少額のお金が短時間でまとまったお金に変わる感覚を覚えてしまうと、もう一度同じ体験ができるかもしれないと思うようになり、パチンコを打ちに行く回数が増えていきます。

知っての通り、パチンコというのは胴元が得をするシステムが成り立っているからこそ、全国に1万近くのパチンコホールが存在します。

つまり、打てば打つほど打ち手(プレイヤー)が損をするシステムになっているのですが、パチンコ依存症の人は理屈では分かっていてもパチンコをやめることができません。

 

なぜ損をするのにパチンコを打ってしまうのかというと、何度もパチンコを打っていると何回かに1回は勝つことができるからです。

負けが続いている時に転がり込んできた勝ちによってドーパミンが分泌され、脳に大きな快感を与えます。

そして、脳がもう一度その快感を味わいたいと思い、パチンコホールに通い続けることになるんです。

 

ちなみに、宝くじに関しては当たる確率の低さ、そして当たりの発表までに時間が掛かるため依存症にはなりにくい、というデータが出ているようです。

先述した通り、パチンコはいつでも遊べるという気軽さと、負けを繰り返しつつも適度なタイミングで勝ち(当たり)がくるよう計算されているので、宝くじよりも依存症になりやすいというワケですね。

原因4.シンプルなゲーム性と多彩な演出

パチンコはハンドルを握って玉を打ち出し、玉がスタートチャッカーに入った時に大当たりを抽選するといった非常にシンプルなゲーム性です。

それゆえに、老若男女問わず誰でも始められるという気軽さがあります。

それに加えて、競馬や競艇、競輪などとは違って液晶や役モノを使って多彩な演出で打ち手の気持ちを盛り上げるんです。

大当たりに繋がりやすい演出、大当たりに繋がりやすい演出を脳が学習して、大当たりに繋がりやすい演出が出た時には脳が反応してドーパミンが分泌され、演出がハズレた時にはより強い快感を求めてパチンコを打ち続けてしまいます。

 

また、最近のパチンコはアニメやマンガ、アーティストや映画やドラマとのタイアップ機が増え、演出に変化を持たせていることもパチンコ依存症に陥りやすい原因です。

パチンコ台のスペック自体に大きな変更がなくても、月に1~2回の新台入替があれば最新台を打ってみたいという気持ちが生まれますし、好きなアニメやアーティストとのタイアップ機を打ったのをキッカケにパチンコにハマり、パチンコ依存症になってしまったという方も少なくありません。

まとめ

酒にのまれた男1

  • いつでも気軽に入れるパチンコホールが身近にある
  • 仕事やプライバシーのストレス
  • ギャンブル性を孕んでいる
  • 玉を打つだけという単純明快なゲーム性&大当たりを期待させる多彩な演出

今回は、パチンコ依存症に陥る原因を4つ取り上げました。

このほか、パチンコ依存症が悪化する原因として、【得た何かを失いたくない】という心理も働いています。

こういった考えがパチンコで借金を作ってしまう原因になるので、もしあなたの周りの人が「パチンコで負けた分はパチンコで取り戻す」といった発言をしていたら、その人はパチンコ依存症の可能性が高いです。