「パチンコ依存症の相談をしたい」

あなたにとって大切な人がパチンコ依存症なのではないかと思っても、誰にもパチンコ依存症ということを知られたくない相談となると高額な費用が掛かるんじゃないか相談しなくても何とか解決できるのではないかといった気持ちから相談に踏み切れない方が多いです。

今回はパチンコ依存症の相談ができる場所をリストアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

リカバリーサポート・ネットワーク

リカバリーサポート・ネットワークはパチンコ依存症問題に焦点をあてた相談機関です。

リカバリーサポート・ネットワークでは無料電話相談を受け付けており、相談者が負担するのは通話料のみ。

また、祝日を除いた月曜日から金曜日までの10時から22時までと、長時間電話相談を受け付けているので、「日中は仕事をしていて電話を掛けられない」という方でも相談しやすいと思います。

リカバリーサポート・ネットワーク
電話番号 050-3541-6420
受付時間 月~金(祝日除く)10:00~22:00
※16:00以降は夜間対応

精神保健福祉センター

考える女性1

精神保健福祉センターは、日本の各都道府県と政令指定都市にある公的機関。

精神保健福祉センターでも電話相談を受け付けており、パチンコ依存症問題の相談をすることができます。

また、精神保健福祉センターではギャンブル依存症のカウンセリングを受けられる施設も紹介してくれんですよ。

全国の精神保健福祉センターの所在地や電話番号は、こちらの記事にまとめてあります。
ギャンブル依存症のカウンセリングを受ける前に知っておきたいこと

自助グループや回復施設

ミーティングルーム3

日本全国にはギャンブル依存症当事者が集まる自助グループであるGA(ギャンブラーズ・アノニマス)や、ギャンブル依存症問題で悩む家族が集まる自助グループであるギャマノンのグループが点在しています。

これらのグループでもパチンコ依存症問題の相談することができるだけでなく、GAとギャマノンはギャンブル依存症を克服するためのミーティングや、知識を深めるためのミーティングが定期的に開催されています。

ミーティングには匿名、無料で参加できますし、大切な人がパチンコ依存症だという確信がない場合や、どう対応すればいいのか分からないという場合には、ミーティングに参加してみるのもいいと思います。

 

そのほか、ギャンブル依存症の回復施設や啓発活動を行っている民間の団体も、パチンコ依存症問題の相談を受け付けています。

自助グループや民間団体についての情報は、こちらの記事にまとめてあるので参考にしてみてくださいね。
ギャンブル依存症のセミナー・ミーティングをしている団体と内容

相談しないことのリスク

悲しむ彼女を見る彼氏1

毎月の生活を圧迫するほどのお金を使い込んでパチンコをする、借金をしてまでパチンコをするなど、パチンコ依存症の症状には軽度なものから重度なものまで様々です。

比較的症状が軽度であれば相談するほどではないと思うかもしれませんし、誰にも借金をしてパチンコをしていることを知られたくないという気持ちから、自分や家族だけで何とかしようと思う方は少なくありません。

確かに、自分たちだけで何とかしようという気持ちは分かります。

しかし、パチンコ依存症についての知識が無いのに、自分たちの判断でパチンコ依存症当事者のために良かれと思ってすることのほとんどが、結果としてパチンコ依存症の症状を悪化させることになるんです。

 

例えば、パチンコで作った借金を肩代わりすれば、当事者にはまた借金をしても誰かが何とかしてくれるという安心感が生まれ、さらに多額の借金をしてしまう可能性があります。

また、パチンコをやめられない当事者に対して無理やりパチンコをやめさせようとすれば、嘘をついてまでパチンコ屋に行って毎日遅くまで家に帰ってこなかったり、犯罪を犯してまでパチンコをするためのお金を手に入れようとする可能性も・・・

そして、借金をしてまでパチンコをすることをただ責めるだけでは、当事者が自暴自棄になり自殺願望が芽生えてしまうこともあるんです。

友達や掲示板で相談するのもやめた方がいい

男性2人と女性1人の集まり2

早めに相談した方がいいとは言っても、誰にでも相談すればいいというワケではありません。

友達に相談するのをやめた方がいい理由は、友達もパチンコ依存症の知識が無いからです。

友達がパチンコ依存症を克服したといった経験があれば別ですが、そうでない場合はやはり症状を悪化させたり、問題が先延ばしになるだけの可能性が高くなります。

 

また、掲示板でパチンコ依存症の相談をしている方をかなり見かけますが、回答者もパチンコ依存症に対しての知識があるとは限りません。

「一緒に楽しく打てばいい」、「パチンコで勝てばいい」といった全く役に立たない回答が目立ちますし、中には質問者や当事者を批判するような内容も書かれているので、最初から利用するのを避けた方がいいでしょう。

重要なのは専門家に相談すること

考える女性05

パチンコ依存症問題を相談するにあたって重要なのは、パチンコ依存症の専門家に相談することです。

たとえカウンセリングを受けても、カウンセラーのパチンコ(ギャンブル)依存症についての知識が乏しければ意味はありません。

また、普段パチンコ依存症の診察をしていない精神科に行っても、パチンコ(ギャンブル)依存症には関係のない薬を処方されて終わってしまうことがあるんです。

とはいえ、今回紹介した機関や自助グループに相談すればそういった事態は避けられるので、パチンコ依存症問題で悩んでいるなら早めに相談してみましょう。