スマホを2台使う01

ギャンブル依存症の問題をアプリで何とかしようと考えていても、ほとんどの場合は効果がなく、別の依存症にかかってしまう可能性もあります。

また、ギャンブル依存症と言えるほどの症状でない人が、ギャンブルから距離を置こうとしてインストールしたアプリをした結果、余計にギャンブルから離れられなくなってしまうケースもあり。

それと、禁煙アプリなど他の依存症の克服をサポートするアプリはあるものの、ギャンブル依存症の克服をサポートするための有効なアプリはないのが現状です。

<--スポンサード リンク-->

ギャンブル依存症克服アプリは存在しない?

ギャンブル依存症を克服するためのサポートとなるようなアプリがあればいいのですが、冒頭で書いたとおり残念ながら今のところはそういったアプリは開発されていません(2017年11月時点)。

軽度のギャンブル依存症であれば、収支管理アプリを活用することで自分がギャンブルに使い込んでいるお金を細かく把握し、ギャンブルでの支出を減らしていこうと気持ちを切り替えることができるかもしれません。

しかし、重度のギャンブル依存症になってしまうと、収支を把握できたくらいではギャンブルをやめることはできません。

 

元々、ギャンブル依存症の治療はギャンブルから完全に縁を切ることを目的としており、ギャンブルとの距離感を適度に取ろうという簡単な問題ではないんです。

ちなみに、ここでいう重度のギャンブル依存症とは借金をしたり使ってはいけないお金に手を出してまでギャンブルをする状態のことで、軽度のギャンブル依存症はそれ以外の状態のことをさしています。

パチンコ・スロットアプリは効果なし

スマホアプリにハマる男性02

最近は実機を忠実に再現したパチンコ、スロットアプリがかなり増えてきました。

そして、パチンコホールに行ってお金を使ってしまわないよう、アプリをインストールして少しでもホールに行く回数を減らしていこうと考えている人は意外に多いです。

たしかにパチンコ、スロットアプリは数千円でインストールできたり、月額数百円程度で遊び放題といったサービスもあります。

 

ただ、こういったアプリは結局やればやるほど物足りなくなってホールで実機を打ちたくなってしまいますし、ほとんどの時間で持ち歩いているスマートフォンにアプリをインストールすることで、余計にギャンブルから離れられなくなってしまう可能性も・・・

そのため、本気でギャンブルから距離を置きたいと思っているのであれば、パチンコ・スロットアプリをインストールして気を紛らわせるのはオススメしません。

ソシャゲ依存症にも注意!

スマホアプリとガチャ01

中にはパチンコ、スロットアプリではなく、ソシャゲ(ソーシャルゲーム)をして気を紛らわせよう考える人もいるでしょう。

ギャンブル以外の趣味を持つこと自体は、ギャンブル依存症を克服するために有効な手段ではありますが、ソシャゲ依存に陥ってしまうリスクを孕んでいる点に要注意。

実際、ソシャゲの射幸性はギャンブルとよく似ているとも言われており、ガチャを回すためにギャンブルで使っているくらいのお金を使ってしまう人も少なくありません。

 

また、アプリは何かをしながら手軽にすることができるのも依存しやすい理由の一つと言えるでしょう。

パチンコ、スロットをしながらソシャゲをしているという話もよく聞きますし、ギャンブルとソシャゲ両方の依存症が進行してしまうことによって、よりハイペースでお金を使い込んでしまうことになります。

まとめ

スマホアプリにハマる男性01

結局、ギャンブルから距離を置くためにアプリで何とかしようという発想はその場しのぎでしかなく、期待していたような効果がなく終わってしまう可能性が高いです。

ギャンブルの問題を本気で克服しようと思うのであれば、スッパリとギャンブルとは縁を切り、何か別の趣味を持ったり大切な人のために時間を使うことを心がけましょう。

ただ、現時点で自分がどれくらいギャンブルに依存しているのかを客観視するのは難しいのも事実です。

そんな時には、ギャンブル依存症の診断テストをしてみましょう。

★自分でできる!ギャンブル依存症チェック
ギャンブル依存症チェック!大丈夫と思っている人ほど危険かも?!

 

記事内では3つの診断を紹介していますが、どれか1つの診断で(重度の)ギャンブル依存症と診断された場合、アプリを使ってギャンブルの問題を解決できる可能性は非常に低いです。

もし(重度の)ギャンブル依存症と診断されたら、専門の医療機関で診察を受けることをオススメします。

★ギャンブル依存症の治療ができる全国の病院一覧はこちら
ギャンブル依存症の治療ができる病院【全国版】